ママドール 店長ブログ

タグ:安川悪斗

今回も女子プロレスについてです。

様々な事件をおこした女子プロレスの中でもっとも最近のもので陰惨なものといえば世Ⅳ虎選手と安川悪斗選手の遺恨マッチでしょうか。

この試合は(というか試合の体をなしていませんが)、そのはじまりから終わりまで一体何をしたかったのか理解に苦しむ試合でした。



安川選手は顔面骨折し、試合終了後には明らかに顔のカタチが変形氏してしまい見る者の背中に悪寒を走らせずにはいられないほどでした。

リングは公開私刑のような様相を呈し、会場には泣き叫ぶファンの声が聞こえ、主催者側は最後の最後まで止めることもせず、レフェリーはいないにも等しい状況で、剣呑な空気に包まれた会場はなにをどうすることも出来ない、後味の悪さだけを残すものと成り果ててしまったのです。

結果、安川選手は眼下底骨折、網膜剥離などにより長期欠場、引退となり、世Ⅳ虎選手も無期限出場停止、一時は引退という羽目に陥ってしまいます。

どっちが正しくてどっちが間違っているか、ではなく、興業としてお客様に魅せる試合を提供するのがプロレス団体の「商品」ではないかと思うとき、その善悪はもはや問題ではなくなってしまったのです。

安川選手にはそれまでの人生での様々な困難から立ち向かい、リング上に立ち続ける限りは応援したいと思っていましたし、世Ⅳ虎選手は若く、スターダムという団体の旗揚げからの辛苦を知る数少ない存在でもあり、これからに期待のかかる存在になるかならないかの大切な時期だと思っていたので彼女の人生を思うととても残念な思いにかられました。

自分はプロレスの試合において、大雑把な意見ですが勝敗はあまり重要視していません。
むしろ負けても必死に立ち向かう姿に自らを重ねて応援し、何度も何度も倒されても、それでも立ち上がる姿に涙交じりの声援を送るのです。

彼らは「闘うからすごい」のではなく、ましてや「勝った」から偉いのでもありません。
相手の技を受け、思いを受け、苦痛に悶絶し時に失神しながらも、それでも強大な敵に、或いは雌雄を決するべきライバルに、立ち向かう姿を魅せてくれるから感動し、賞賛を得ることができるのではないでしょうか。

そういう意味ではこの戦い、会場では誰も勝者たりえず、敗者ですらありえず、何も生み出すことのできない漆黒の闇のようなものではなかったかと思うのです。

果たして両者はその後別々の道をたどることになります。

安川選手は自らの半生を描いた作品が制作、公開されます。


世Ⅳ虎選手は様々な苦悩を抱えながらも再びリングに立つ道を選びます。
どっちが正しいとか正しくないとか、そんなことは今出せる答えと10年後に思うこととでは隔たりがあるでしょう。

ふたりがどうなっていくのかは本人たちにしかわからないことです。
再び本人たちが出会うとしても、二度と出会わなくても、10年後に思いを馳せることにしましょう。

今回は女子プロレスについてです。

「KANAと雫 ー 開拓者としてのスピリットと守護者としての尊厳」

現在、アメリカのWWEの第一線で闘ってらっしゃる女性レスラーにKANA選手がいらっしゃいます。
日本での活動時は華名と名乗り、様々なリングで名の通り華やかな存在であり続けた選手でした。

そしてその対比としてはちょっと違うかもしれませんが、お寺プロレスを主宰する雫有希選手がいます。

華名選手は国内のリングを転々としている頃から華やかであり、様々な話題を振りまき、それでありながら真摯にプロレスに向かい合ってきた選手だったのではないかと思います。

新木場で行われたWAVEの試合に参戦しているのを聞きつけ試合観戦しに行った時は松山勘十郎さんとの男女混合、通称ミクスドマッチが行われていました。
この試合はどちらかというとコメディのタッチが強く、試合内容も観客をどう沸せ、笑いを巻き起こすか、そんな試合でした。

そんな試合でも(と言っては失礼かもしれませんが)華名選手は必死にリングに立ち、時に相手に調子を合わせ、笑いの渦巻く中で試合をしていました。

試合の休憩中には会場の片隅でファンと握手したり写真に一緒に収まったりとファンサービスにも真面目に取り組んでおり、会場の中で一番観客を魅了していたのではないかと思います。

片や、お寺プロレス主催の雫選手は僧侶としての役務を日々こなしながらリングに立つという、一風変わった選手ですが、そのパワーや受け身の強さは生半可なものではなく、他のプロレスリングであれば間違いなく団体を代表するスター選手ともなろうというほどの逸材です。

しかし、僧侶であることを第一とした彼女はあくまでもプロレスは僧侶であることの側面です。
彼女はプロレスで上げた収益を児童福祉の為に寄付したり、慈善活動に寄与したりしています。

言ってみればタイガーマスクが闘って得たお金を孤児院に寄付するのに似ているかもしれません。

リングの大きさや知名度に差はあってもどちらもプロレスであることに変わりはありません。

そしてなによりもふたりとも女性として、レスラーとして、とても魅力的な人間です。
リングに立つとき、純粋に闘うことができ、そしてその行為がファンの、観客の心を揺り動かすことのできる天性の才能があると思います。

そんな天性の才能を持った選手は女子プロレスの世界にも多くいます。
しかし、世間の評価はそれほど高いものではないようです。

それは女子プロレスがイロモノ的な目で見られた時代があったことに起因しているかもしれません。
しかし時代が大きく動き始めた現代において、男女の差は昔ほど大きくはないかもしれません。

ここらへんで次回へ。
続きます。

このページのトップヘ